このページは×で閉じてください。

平成30年度 桜蔭会埼玉支部 総会のご報告

   

 

 

平成30年度埼玉支部総会は、421日(土)浦和コミュニティセンター(コムナーレ)で開催されました。好天にも恵まれ、出席者は総会47名、鳥飼玖美子氏講演会「これからの時代を生きるために〜今本当に必要なコミュニケーション力とは?〜」は68名(総会出席者を含む)でした。

午前中は総会次第に従って

平成29年度支部活動報告、会計報告・監査報告、続いて平成30年度支部活動計画(案)、

会計予算(案)、役員人事(案)が示され、すべて承認されました。今年度は、役員の交替

はありませんでした。

続いて桜蔭倶楽部センター長の青島さんから「初夏の美術館巡り」の説明と桜蔭倶楽部の近況報告がありました。

さらに、青島さんから桜蔭会副会長としての立場から、母校の現状報告と「国際交流プラザ(同窓会館コモンズを含む)」の建設への協力要請がありました。以上で審議は終了。

 

交流昼食懇談会

昼食をいただきながらの交流・昼食懇談会です。90代から30代まで全員の近況報告は、認知症予防や健康法、仕事の話、趣味の話等々じつにさまざま。つい時間を忘れて司会者がハラハラするほどでした。

 

 

終了後は恒例の校歌斉唱、写真撮影

 

  

資料コーナーには鳥飼先生のご著書

 

続いて鳥飼玖美子氏講演会

「これからの時代を生きるために〜今本当に必要なコミュニケーション力とは?」

今世界では、グローバリゼーションが進行する一方で、カタルーニアのスペインからの独立や英国のEU離脱に見られるように多言語、多文化共生社会への動きも見られる。これに日本はどう対処していくべきか、外国語教育のあり方は、等について大変わかりやすくお話しくださいました。後半の質疑応答では、どんな質問にも丁寧に的確に納得のいくお答えをいただきました。これも永年コミュニケーションを究めて来られた先生ならでは、と感心し、大変勉強になった講演会でした。総会議事と講演会要旨は、次号の埼玉支部だより、桜蔭会報をご覧ください。

 以上ですべての日程は無事終了、次回の再会を祈念して今年度の総会を終えました。

 

前列左から2人目が鳥飼先生です。